ベトナム

民度ということ

ありえない。

マジありえません。

今、かなり静かで、しかも感じの良いカフェに、
ベトナムで暮らす友人と一緒に居るんですが、
至近距離に座ってるベトナム人が、

大音声でスマホ使って音楽聞いてる。

まー、別に音楽は聞いてくれればいいんですよ。
でもね、普通ヘッドフォンくらい使うわい。

という感じでベトナム人の民度はかなり低いです

相手を見て料金を決める。
タクシーのメーターはチートする。
平気で釣り銭をごまかす。

道を歩いてる時の事でした。
ちょっと道に迷って、iPhoneで地図をチェックしてたら、
見知らぬおばさんに声をかけられました。
日本語で。

おばさん「アナタ、ソレ危ナイヨー」

僕「は?」

おばさん「コノ辺ハネ、危ナイ。ソレヤッテタラ、
後ロカラバイク、スグ盗マレル」

僕「はぁ、ありがとうございます」

話を要約すると、こうです。
最近、その辺りの地域では、バイクによるスマホのひったくりが相次いでいて、
特に高く売れるiPhoneシリーズは、被害に遭いやすいそうなんです。

おばさん「ソレ仕舞ッテ。気ヲ付ケテ下サイ」

僕「あ、ありがとうございます」

おばさんは、とてもいい人でした。

ベトナムの最高額紙幣は日本円にして、約2,500円。
iPhoneは、どんなに安くてもその紙幣が十数枚必要です。
そういえば、四人でフランス料理のディナーを食べても、
5,000円くらいだった。

ただ、今、ベトナムは高度成長期にあります。
景気が良くなれば、犯罪率は減っていく……のかな?

旅に出て、よく考えるのは『差別』という言葉。

民度というのは、ある程度、価値観の相違によって
測られるものだと思うのですが、例えば、まったく違う価値観の
人間を同じ部屋に入れて放っておくと、どうなるか。

良い場合はお互いを受け入れていくんだろうけど、
それがいつも上手く行くとは限らない。
だって、今この瞬間にも大音量でスマホをいじってる
こいつらをつまみ出したいもん。

日本にはしばしば、差別と取り扱いの相違を混同してる人がいるけれど、
そういう人たちって、平気で物を盗む価値観の人たちに囲まれても
同じ事言えるのかな?

投稿者

ke-ueki@sakura.ad.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ベトナム暑い

2014年9月15日