未分類

カンボジアで風邪ひいた

あれは、カンボジアに来て2日目(正確に言うと3日目)の夕方。

朝起きた時点で、身体中がだるかったんですが、
なんとかなるだろうと、アンコールナショナルミュージアムに
行ってきました。

その後、自転車で市内散策を行っていたところ、
どうやら、これはマズイ、というほどに体調が悪化しました。

身体が熱いのか、たんにカンボジアが暑いのか、
そのどちらかも区別がつかないほどでした。

力尽きて、近くのカフェでオレンジプラッペを飲み、
何か食べないといけないと思ってホットドックを食べました。

なんとか回復して、ホテルに向かう途中、
マッサージ嬢5人に取り囲まれるなど、
めんどくさい事になりながらも、自分の部屋に帰る僕。

ガンガンに水を飲んで、ガンガンに汗をかいて、
ガンガン寝たら、なんとか小康状態まで快復したんですが、
快復するまでのあの怖さったら!

デング熱とか、マラリヤとか、万が一の事を考えると、
気が気でなかったです。

夜中に目が冷めて、何か口に入れようとフロントまで行ったところ、
何の用意もないと言われたんですが、せめて、という感じで、
冷たいおしぼりを出してくれました。

冷たいおしぼりには、どうやらミント系のハーブが
入っているらしく、頭に乗せると熱冷まシートのような
効果がありました。

日曜日だというのに、昼まで寝て、
まったりした一日を過ごしたのでした。
あーあ。

投稿者

ke-ueki@sakura.ad.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

未来のために

2014年9月26日