未来のために

「オールドマーケットには、日本人の泥棒が出るですよ」

そう聞かされたのは、最初に泊まったホテルのマネージャーでした。
彼は週に二回日本語を習ってるとの事で、かなり日本語が流暢でした。

その日本人は、片っ端から同じ日本人の観光客に声をかけ、
食事に誘い、油断したところを狙って財布からお金を奪う、
というのが、犯行の概要です。

「私達カンボジア人も、旅行者の安全のために、
Facebookなんかで連絡をとりあって、
犯人を捕まえたいと頑張ってるんですが……」

ふーん、そんな輩が居るのかと思いながらも、
しかし海外に出てまでそんなセコい犯罪を犯す
日本人が居るものかと半信半疑だした。

 

カンボジア最終日前日。

エアコンがないホテルに限界を感じ、3ドルほど高い代わりに、
オールドマーケットに近く、エアコン付きで、しかも、広い部屋の
ホテルに移った僕は、かなり調子が良く、暑いさなか、
街へと繰り出したのです。

さて、昼ごはんでも食べるかと、観光客で賑わう街を
うろうろとしていると、みずぼらしい恰好で、
赤ん坊を抱いた少年がふくよかな白人の女性に、
物乞いをしている所に出くわしました。

明らかに、詐欺です。
このところ、カンボジアにはそのような少年犯罪が
増えていると聞いていました。

「気を付けて。これはそういう商売です」
僕は思わず、その白人女性に警告をしてしまいました。

大きく目を見開いて、彼女は僕にお礼を言い、
少年にNoと伝えると、行ってしまいました。

「What did you say?  Do you wanna trouble?」

少年はお金がもらえる望みが無くなったのを見て、
僕を睨み、殴りかかってきました。

白人女性が少年にお金を恵んでも、せいぜい1ドル程度。
彼女も1ドル程度なら困ることはない。
僕は自分がしている事に自信を無くしてしまいました。

しかし、その夕方の事です。

そろそろ夕飯のあたりを付けようと、パブストリートに並ぶ
店のメニューをチェックしていると、後ろから声をかけられました。

「おーい。何してんの?」

軽く、チャラいしゃべり方。
振り返るとカンボジアの衣装を身にまとい、髪と髭を伸ばした
背の高い男がそこに立っていました。

言葉のイントネーションからしても、明らかな日本人です。
日本人がこんなに馴れ馴れしく声をかけてくるなんて、不自然この上ない。

ホテルのマネージャーが言ってた日本人の泥棒は彼だ、と直感しました。

関わり合いにならぬように逃げ、その辺りで客引きをしていた
トゥクトゥクの運転手を手招きしました。
イーストウッドに似た、初老の男でした。

トゥクトゥクの運転手「どうした?」

僕「あの日本人、知ってる? この辺で問題になってると思う」

トゥクトゥクの運転手「ああ、知ってる。あの日本人だろ?」

やはり件の泥棒は彼でした。
この地域の治安を守らないと観光産業に支障をきたすので、
なんとか捕まえようとしている事も、教えてくれました。
いつもは客引きで鬱陶しい彼らですが、こういう時は頼りになります。

トゥクトゥクの運転手は「気にかけてくれてありがとう」というような事を言って、
握手をすると、自分の車両に戻って行きました。

『もし、あの少年がそのまま大人になったら?』

僕には、少年とあの日本人の泥棒のイメージがダブります。

方や、食べていくために。
方や、自分が楽をするために。

動機は違ったとしても、
一度、人を騙す事が悪い事だと認識しなくなったら、
結局は同じ所に堕ちていくでしょう。

人間は楽な方へ流れていく。
だから、他の生き方ができなくなる。

僕が白人の女性に耳打ちしたのは少年にとって
怒り狂うくらい理不尽な事だったと思う。

だけど、少年。
僕はあの時、彼女ではなく、君のために耳打ちしたんだ。
理解できないかもしれんけど。

2件のコメント

  1. えらいやつに遭遇しましたね。。。
    どんな感じのか気になりますが笑
    怪しいやつは写真いやがるらしいんでおすすめです!

  2. ありがとうございます。
    確か、無職旅ってサイトでも「写真撮ろう」って言って、断るのは怪しいって言ってましたw

    まー、今回のは分かりやす過ぎました。
    これからも気を付けないと!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です