マラケシュへ

フェズ観光の後、深夜バスでマラケシュに向かいました。

夜の9時前に出発して、到着が朝の6時くらい。

IMG_1817.JPG

朝のマラケシュ市街。

バスターミナルに着くと、まだ暗かったので
行動するのは躊躇われたんですが、道連れとタクシーを拾って、
お目当ての宿に向かう事に。

しかし、バスターミナルに居るタクシードライバーほど、
質の悪いものはありません。

通常、17〜18DHくらいでいけるホテルなのに、
「深夜料金だから」という事で、70DHもふっかけられました。

ブルガリアでも似たような事があったので、
またかと思いながら、声を荒らげて丁重にお断り。
すると、交渉してきたので、20DHで乗ってやる事にしました。

 

『日本人は金持ってるけど、扱いやすい民族だから、
いくらでも足元見れるぜ』とか思ってるんだろうな。
なんて考えると、すごく悲しくなります。

 

それよりも。

 

こいつらにちゃんと教えてやりたい。
お金は騙し取るもの、ごまかし取るもの、ふんだくるもの。
そんな風に思ってるから、いつまで経っても、
あんたの国は貧しいままなんだよ、と。

あんたは、お金騙し取られた国に、
バカにされた国にもう一度行きたいと思うか?
そんな国の人間を信用できるか?
そんな国の人間とビジネスしたいか?

『しばらく眠り、しばらくまどろみ、しばらく手をこまねいて、また休む。
だから、あなたの貧しさは浮浪者のように、あなたの乏しさは横着者のようにやって来る。』聖書 箴言24:33〜34

おまけ。

フェズのCarrefour(超でかいスーパー)にて。

IMG_1814.JPG

あれ?

IMG_1812.JPG

これどっかで見たような。。

皮なめしの街

 

フェズで泊まった宿は、期せずして日本人宿だった!

ので、道連れが3人もでき、翌日一緒にフェズ散策に出ることに。

フェズはかつて、マリーン朝などのイスラム王朝が首都とした街。
旧市街のメディナは、とても複雑な構造になっており、
迷宮としても知られています。

IMG_1799.JPG

いざ、迷宮へ。

IMG_1801.JPG

 

途中で見つけた水場。
欧米人が写真を撮ったたから、ついつい撮っちゃったけど、
なんか、いわく付きだったりするのかな?

フェズは、職人の街でもあります。
中でも皮なめしが有名で、牛、羊、山羊、ラクダなんかの
革製品が至るところで売られています。

その皮なめしの光景を見たい!という事で、
観光スポットを探しに迷宮の中をずんずんと進みます。

何人もの人に「こっちだよ」、「みせてあげるよ」などと、
声をかけられましたが、そんなのに付いて行っては
色々と面倒な目に遭うのは、嫌というほど知ってる我々旅人。

しかし、さまよった挙句、どうしても辿りつけない迷宮に、
我々もあきらめて、案内人に付いていく事にしました。

IMG_1810.JPG

動物の匂いが激しいので、入り口でミントを渡されます。
臭い消しですね。

案内人の持っている店の屋上が、その皮なめしの作業を
見学できるテラスだという事で、急な階段を登ります。

すると、

IMG_1803.JPG

壮観!

これ全部皮なめしの作業場です。

IMG_1807.JPG

皮、皮、皮。

IMG_1806.JPG

革、革、革。

皮なめしを職業にしている人は、聖書にも何度か出てきますが、
どんなものなのかっていうのは、やっぱり、実際に見てみないと
イメージできないものですね。

 

見学の後は店に通され、商売トークに付き合わされました。
案の定、という感じではありましたが、ちょっと考える、
と告げると、わりとすぐ解放してくれたので、一安心。

さぁ、明日はとうとうマラケシュ。
マラケシュから、ようやくサハラ砂漠に向かいます!

フェズへ

 

 

さぁ、いよいよフェズへ!

という日に限って、朝からしとしとと雨が降ってました。

雨の中、バス停までの道をテクテクとあるいていると、
なんという事か、昨日、シャウエンで出会った
モロッコ人の男の子とバッタリ会いました。

なんでも、彼も大学に帰らなければいけないとのことで、
バス停まで一緒に歩き、最後のセルフィーを一枚。

IMG_1791.JPG
この写真、かなり気に入ってます。

 

バス停に着き、80DHのチケットを買ったものの、
雨のせいでバスは一時間弱の遅延。
10:30、11:30に出発になってしまいました。

しかし、実は、僕がバス停に着いたのが10:40くらいだったから、
バスが遅延してくれたおかげで、このバスに乗れたので、
怒るのは筋違い。いや、怪我の功名かな。

IMG_1797.JPG

 

荒野をずんずんと進みます。

シャウエンは山なので、フェズまでは基本的に山道です。
かなり酔います。

途中、バスが停まったので、もうフェズに着いたのかと、
周りの人に聞くと、いいや、お昼休憩なんだと教えられました。

IMG_1793.JPG

お昼休憩に停まった場所には、かなりフレッシュな
肉が精肉されて売られてました(10DH)。

IMG_1794.JPG

 

 

どうも、これはキョフテのたねのようで、
すぐ側にある、焼鳥屋のようなコンロのある所に持って行くと、
これをそのまま炭火で焼いてくれます。

IMG_1795.JPG

 

手際よく、キョフテのたねを網に乗っけていきます。

IMG_1796.JPG

キョフテはパンに挟まれ、ハンバーガーのような形で出てきます。
かなり肉々しくて、美味しいです。

この後、三時間ほどでフェズに到着。
バスの中で知り合った日本人の方と、今夜の宿を探します。

雨のため、なかなかタクシーが止まってくれず、
宿に入った頃には、全身びしょ濡れになっていました。

明日は、フェズ観光。
そして、マラケシュまで深夜バスです。

青の街でミントティーを

明けて、翌朝。

シャウエンの街に出て、散策の開始です。

IMG_1758-0.JPG

その前に朝ごはん!
山盛りのトーストにオレンジジュース。
トーストにははちみつとバターが付いていました。

このレストランも壁が青いですね。

ゆっくり食事をした後は、本格的に散策開始です。

IMG_1751.JPG

味のある狭い小路。

IMG_1756.JPG

見渡す限り、青、青、青!IMG_1759.JPG

 

家の扉も青く塗られていて、さながらおとぎの国のよう。

IMG_1761.JPG

 

壁の青と、奥に並んだカラフルな椅子が見てるだけで楽しくなります。IMG_1775.JPG

 

不敵な面構えの猫。
なぜか、シャウエンには猫がよく似合うのです。

IMG_1776.JPG

ミントティーは美味しいんですが、バカ舌の僕には、
スペアミントガム味にしか感じなかったです。

シャウエンの存在を教えてくれた友達に絵葉書を出すために、
郵便局へ向かいました。

そこで知り合ったモロッコ人のギタリストと
偶然、全く別の場所にあるレストランで再会し、意気投合。
上のミントティーは、その時に飲んだものです。

連れ立って街を散策したり、
好きな音楽を教え合ったり、
セルフィー(iPhoneで自画撮りする事)撮ったり、
川沿いのホテルのバルコニーでギターを弾いたり。

IMG_1780.JPG

途中からは、フランスから来たっていう人達も入って、
かなりいい思い出になりました。

さて、明日は迷路都市フェズ。

バスで5〜6時間かかるとの事ですが、
気合入れて頑張るぞ!

いざ、シャウエン!

 

いよいよ!
この旅の目的地の一つである青の街シャウエンへ
移動する日がやってきました。

シャウエンはモロッコの北の方に位置する、
山の中腹にある街です。

なぜ、青の街と言われているかというと、
街中の壁が青く塗られているからです。

ユダヤ教の人々が逃れてきた街とか、
虫除けに壁を青く塗ったとか諸説ありますが、
とにかく世界遺産!

PCの壁紙とかでしか見たことがないその景色を、
僕もこの目で見たかったんです。

IMG_1746.JPG

 

タンジェの街は、今日も快晴。

しかし、ここで小さなトラブルが発生。
午後から移動を開始したため、一番最初にあたった
CTMという国立のバスはすでに出発した後。

別のバス乗り場で民間のものならあるかも、というアドバイスを元に、
1.5km離れたバス停まで行き、なんとかシャウエン行きのチケットを手に入れました。
ちなみに、バスの料金は35DH(訳450円)。

 

IMG_1749.JPG

 

タンジェの街を後にすると、後はひたすら荒野。

途中、ロバや羊や牛なんかが、のどかに草を食む風景を目にしました。

IMG_1752.JPG

ようやくシャウエンに着いた頃にはもう日没。

本格的なシャウエン散策は次の日に持ち越されるのでした。

モロッコに着きました!

モロッコに着きましたー
今は、タンジェシティという、
モロッコ最北の街に滞在しています。

アルヘシラスからはタンジェまで
フェリーで二時間ほど。

IMG_1723.JPG

↑これ、分かるかな。
このフェリーに乗りました。

IMG_1724.JPG
アルヘシラスの港。

IMG_1725.JPG
ジブラルタルが遠くに見えます。

IMG_1729.JPG
天候は珍しく曇りがちだったんですが、
その代わり、こんな幻想的な光景を見る事ができました。

IMG_1730.JPG

タンジェ港に到着です。
ここから、今夜の宿があるタンジェシティまで、
バスで向かいます。

20141108-124256.jpg

丘の上に立つ家々。
夕陽が、白い壁を染めて行きます。

宿に着き、市内を少し散策して就寝。

明日くらいに、青の街シャウエンへ向かうつもりです。

アルヘシラスにいるんだぜー

まだまだスペインです。

現在、僕はスペインの最南端、アルヘシラスに居ます!

星の付いている辺りです。
IMG_1715.JPG

セビリアからバスに揺られること、約三時間。
夕方、17:30に出て、21:00前に着いたので、
アンダルシアに夕陽がゆっくりと沈む様子を楽しめました。

IMG_1699.JPG

到着しと時に、少し肌寒かったので少し戸惑ったんですが、
日中は暑いくらい。

スペインに来てから、おおむね天候には恵まれているんですが、
今日も快晴! 気持ち良いです。
IMG_1706.JPG

港町なだけあって、船がいっぱい。

京都の街は海がないので、京都人の僕にとって、
港街は海があるだけで憧れてしまいます。

IMG_1710.JPG

マリア様の像。

IMG_1708-0.JPG

バス停からほど近いホテル。
椰子系の植物だと思うんですが、ホテルの白とマッチしてました。

IMG_1711.JPG

マクドナルドでさえ、街に調和しています。

IMG_1703.JPG

街中をウロウロしていると、学校の裏手に小高い丘と、
そこに馬が繋がれているのを見つけました。

IMG_1709.JPG市場があったので、ちょっと見学。

ユーロ圏内はとにかく物価が高いイメージでしたが、
スーパーや市場なんかで売ってる食べ物はかなり安いです。

アルヘシラスは田舎町と行ってしまえばそれまでですが、
のんびりしてて、散策には素敵な街です。

 

 

さぁ、この街からフェリーで2〜3時間でモロッコ。
いつ渡ろうかな。

セビリア大聖堂

アンダルシアはセビリアに居ます!

ポーランド→フランス→スペインと、
寒い所から暖かい所に向かってるので、
気温差に若干とまどってます。

これから、スペインを南下して、
モロッコを目指す予定です。

さて、セビリアと言えば、
セビリア大聖堂

その姿はやはり美しかったので、
ちょっとご紹介です。

IMG_1624.JPG

入り口からして美しいです。

この門を通って、チケット売り場へ。
8ユーロ支払って、中に入ります。

20141105-094502.jpg広い会堂。

IMG_1638.JPG

 

美しいステンドグラスが数えきれないほどあります。

IMG_1643.JPG

 

コロンブスの霊廟。
まさか、こんな所にあるなんて!

IMG_1646.JPG

 

大きすぎて、細かすぎてただただ圧倒される彫刻。

 

 

教会の塔は登れるようになっています。
ゆるやかなスロープを延々と登るんですが、
これがけっこう体力が要ります。

IMG_1669.JPG

 

しかし、そのてっぺんから見た景色は格別なものがあります。

 

 

 

 

 

おまけ。

IMG_1618.JPG

セビリアの新しい観光スポット。

ショッピングモールなどを含む複合施設のようなんですが、
屋根の形が独特で、建物自体が観光名所になっています。

 

 

さぁ! 南下するぞー!

アンダルシア!

フランスは三日間だけだったので、
早くもスペイン!
アンダルシアに居ます。

昨日の夜間に着いたので、
まだまだ何も見ていないんですが、
ポーランド、フランスに比べて暖かいです。

しかし、さすが闘牛の国。
何気なく入った食堂でもこんな感じ。

IMG_1614.JPG

牛の頭!!

IMG_1615.JPG

闘牛士の装束。

IMG_1616.JPG

肉料理美味しかったです。
鶏肉の串焼き。

4.5ユーロで、1プレートとドリンク付き。

では、観光行って来ます!

パリに居ます。

ていうか、明日からスペインです。

昨日、今日は色々あり過ぎて、
体力も、もう尽きそうなんですが、
パリに居ますので、ちょっとだけ更新!

IMG_1534.JPG

ルーブル美術館に行きました!

完全にお上りさんです。

IMG_1540.JPG

 

有名な入場口。

 

IMG_1567.JPG

 

マグダラのマリア。IMG_1548.JPG

ニケのビーナス。

他にもモナ・リザとか、ハムラビ法典とか色々見てきましたが、
あちこちで書き尽くされているので、この辺で。

また、お会いしましょう!