台中の夜

あけましておめでとうございます。

とても正気の沙汰ではないほどの放置後、
なんとなく2015年9月の旅の続きを書いていきたいと思います。

さて、台中は高美湿地に日が沈んだ後から時は動きます。

高美湿地から台中まで戻ろうとすると、とてもじゃないけど
バス1台には入りきらんだろうなという人数の人がバス停で
待ってました。

ので、道連れの皆様(台中のバス停で知り合ったおじさんと
清水のバス停で知り合ったカップル)で折半してタクシーを
使う事を決意。1,000元(≒3700円)を四人でわりました。

IMG_2253.JPG↑台中の夜の町並み

台中の駅で、このまま台北へ向かうというカップルと別れ、
おじさんと二人、夕飯に向かいます。

image

↑まず、麺!
30元くらいで薄味のラーメンです。
関西人はきっと好き。

でも、これだけでは物足りなかったので、台中駅すぐ近くの
夜市に行ってみることにしました。

image

↑物足りないので、小籠包。
7つ入りで40元くらいだったかな?

でも、これってどう見ても小籠包じゃないですよねぇ。
小さな肉まんって感じ。

image

↑串焼き!
「スパイシー?」って利かれたので「Yes!!」って答えたら、
やたら辛くなって食べるのに苦労しました。美味しかったけど。

あ、そういえばここの店員さんに「あんたアメリカ人?」って
聞かれて笑いました。

IMG_2258.JPG

↑おでんに焼きそばに寿司という節操のない屋台。

IMG_2257.JPG

↑たぶん、鶏のステーキ的なの。

全ての商品に「悪魔」が付く聖飢魔II感ハンパない屋台。
俺の厨二心をくすぐるぜ! ※買いませんでした。

お腹が膨れた僕は、この日、宿に戻ってそのまま寝ました。