アンコールワットの夕陽

アンコールワットの朝陽を見た後、昼寝をした僕は、
市内観光出かけようとしたんですが、バスの中で知り合った子が、
アンコールワットを見終わり、暇を持て余しているとの事で、
一緒に回る事にしました。

「じゃあ、ホテルまで迎えにいきます」と言ってくれた彼でしたが、
しかし、ここでGoogle MAPのトラップにかかってしまいます。

Google MAPでは基本的に、東南アジアの住所は
その国の言葉でしか使えないようで、
英語で住所を入力して検索すると、あいまい検索に移行し、
とんでもない場所に連れて行かれることがしばしばあります。

なので、アジアでMAPを使う際は、まず周辺のホテルとか、
デパートなどをサイト検索してから、そのホームペジの地図を利用する、
あるいは、MAPに飛んだ方が確実です。

14時に待ち合わせのつもりが、会えたのが16時近くになっていて、
気がつけば、もう陽が沈む時間になっていました。

僕「一日で、朝陽と夕陽見れたら最高だよね」

バスで知り合った子「行っちゃいますか」

僕「行こう!」

という感じで、今度は昼間借りたレンタサイクルで
アンコールワットを目指します。

今度はアンコールワットの東に位置する山。
その山にも遺跡があり、かなり高い所から
夕陽を見る事ができるとの事でした。20140919_103227615_iOS

これが山の上の遺跡。

20140919_103944561_iOS

まるで、RPGの世界に出てきそうな景色でした。
ただし、

20140919_104749211_iOS

こんなに人が多くなければ。

20140919_105153636_iOS

刻一刻と、陽が沈んで行きます。

20140919_105208516_iOS

できるだけ人が入らないように一枚。

20140919_110043908_iOS

持っていったiPhoneでは、これが限界。

20140919_110412954_iOS

 

ほぼ、沈みきった夕陽。

遺跡は人でいっぱいで。
その中でも本ッ当に中国人のマナーは悪かった。

立入禁止の区画に入る。
集団で割り込む。
うるさい。

僕が写真を撮ってるその真ん前に、胸に飛び込んできたくらいの勢いで、
おばちゃん達が割り込んできた時は、さすがに声を荒らげました。
しかも、景色じゃなくて自画撮りしてるの!

美しい景色も台無し。
あー、だから写真って価値があるのか?
静かに見れるから。

20140919_161103425_iOS

とにかく、その後はパブストリートに繰り出して、
夕飯&ビールを一杯。

あんまり飲めないけど、付き合いくらいに飲みました。

20140919_160751857_iOS

 

おまけ。

僕達が食事してたテーブル下に入り込んで来た猫。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です