ポーランド

ワルシャワは萌えていた

ワルシャワは美しい国です。

非常にありがたい事に、親日国との事もあり、
人も親切だし、
英語も通じるし、
物価は安いし、

オタクも居るし。

 

そう、タイとか他の国でもそれなりのオタク文化はあったけど、
ポーランドにもオタク文化はけっこう浸透しているようです。

はっきり言って、ポーランドは台湾と並ぶかもしれない。

まずは、この写真からご覧頂こう。

IMG_1282.JPG

ワルシャワの地下鉄駅の構内にある、
一見、普通の書店である。

しかし、

IMG_1279.JPG

ワンピース、ナルト、黒執事、乙嫁語りetc…
ちょっと昔のもので、ドラゴンボール、デスノート、ちょびっツなど。

並んでいるのは、日本のマンガとアメコミがほとんど。
ちゃんと、ポーランド語に翻訳されています。

IMG_1280-0.JPG

 

中にはポッキーなど、日本のお菓子も。
※ペペロは日本のお菓子じゃないけど。

IMG_1281.JPG

日本や台湾のアニメイトほど数はないものの、
初音ミクや、ヘタリア、進撃の巨人などのグッズ物も
店頭に並んでます。

 

聞けば、今は日本の漫画がブームになっていて、
この書店でも、かなりの売上げを上げているそうです。

 

そういえば。

 

今、お世話になってるホルトハウスも、電化製品は日本製、
クリスマスには、お寿司を作ると言ってました。

ワルシャワ大学には日本語学科があり、
入試の倍率は30倍にもなる程に、ポーランドには
日本文化に興味を持ってくれている人がたくさん居るそうです。

ポーランドは親日の国との話は聞いていましたが、
ここまでとは思いませんでした。

日本文化=オタクになりつつあるのは複雑な所ですが、
まー、いっか! 僕もオタクだもん。

それに、この美しい国の人たちが
我々の文化に興味を持ってくれるなんて、
日本人として誇らしいですね。

……などと思いながら、店を出ようとしたところ、

 

 

IMG_1278.JPG

 

!!!

 

やおいを……愛している……だと……。

ホモは、ホモだけは……。

いやあああぁぁああぁぁ!!!!

↑トルコで、ハゲでデブのホモに迫られた。
※泣きながら逃げました。

 

 

 

 

 

今回、色々とお話を伺ったお店はこちら。

KOMIKSLANDIA.PL

ありがとうございました!

Author

ke-ueki@sakura.ad.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です