家紋とルーツ

世界旅行に旅立つにあたって、我が家系のルーツを確認すべく、叔父に連絡して我が家の家紋は何か調べました。

↓これです。

丸に剣片喰

『丸に剣片喰』というそうです。

なぜ、世界旅行にあたって、我が家のルーツを
調べる気になったかと尋ねたならば、誰かに、
自分が何者なのか説明する時に役に立つと思ったからです。

たとえば、聖書でもマタイによる福音書の冒頭には、
イエス様の家系図が記載されています。

これは、イスラエルの民族にとって、
家系がいかに大事かという事なのですが、
それは世界的に見てもどんな国でも言える事と思います。

自分が今在る事が、一体、どんな人の嗣業なのか、
それを知れば、アイデンティティはより堅固になる。
自分の家の家紋くらい知っておいて損は無いでしょう。

そういえば、こんな話があります。
昔、母に先祖の事を尋ねた時のことです。

私『うちの先祖ってどんな人だったの?』

母『よくぞ、尋ねてくれました。
あんたのご先祖様はね、なんと赤穂藩の家老』

私『おおっ!』

母『……の分家の分家の分家という事らしいですわ』

∧∧
ヽ(・ω・)/   ズコー
\(.\ ノ
、ハ,,、  ̄

他にも明智の落ち武者だとかなんとか色々言われましたが、
もう覚えてないです。彼女にこの手の話を聞いた俺がバカだった。

つまり、何が言いたいかというと、

[tegaki]弱いオチでスマン![/tegaki]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です