あれからもう3年経つの?

結婚し、春には子供が生れる感じな今日この頃。

世界を巡っていた頃には想像できない現在ですが、皆様お元気でしょうか。

この世界の果てから果てまで満ちてる
条理と不条理の中で僕ら
世界は周り続ける
すべてのものが…

こんなポエムも出てくる感じです。

しかし、まー

人生は旅です。

もしくはスラップスティックジョークです。

良い旅を!

あるはずのない海~Side TPE~

image

犬も伸び切る暑い日の事。

image

新竹でのカラオケの後、僕は中華大学を訪れました。

中華大学は日本語学科のある大学。
長い付き合いになる劉君も、この大学の出身です。
しかも、台湾では九月に新学期を迎えるため、
彼は卒業したばかり。

しかし、彼の後輩達も僕の友達になりつつある今、
今度は後輩の子達に招待を受けたというわけです。

image

日本の社会科みたいな授業をやってたので、途中から参加。

講義は日本語で実施されます。
この授業では、日本の憲法とかやってたけど、
みんな分かってるのかな?

image

↑焼売♪

授業後のランチは大学近くの食堂で。

image

↑小籠包

小籠包×5+小籠包で300元(≒1100円)
学生御用達なので安い! ので、これくらいはおぢさんが奢ります。

それにしても、男5人で食べてわりと満足できたので、
かなりのボリュームだと思います。

そういえば、その時に、

友1「日本人は鼎泰豐好きだよね?」
僕 「うん、美味しいって評判だねぇ」
友2「台湾にはもっと美味しい所あるよ」
僕 「マジか!」
友3「しかも、超安いから今度連れてってあげるよー」
僕「是非お願いします!!」

みたいな会話をしました。
今度の台湾旅行は、グルメ旅に決定です。

image

午後からは、海へやってきました。

「今日は君に付き合うよ。
授業? いいんだよ、そんなもん。友達じゃないか

という、やけにサワヤカな大義名分を元に、
学生に授業をサボらせてしまいました。
海辺をサイクリングする事になりました。

image

うぇーいって、青春かっつーの。

image

よく晴れた日でした。
みんな元気だったなー。

image

眺めの良い海岸で撮影。

楽しかったなー。

新竹へ

さて、2015 台湾旅行もそろそろ佳境でございます。

翌日は、台北の宿を一旦引き払い、新竹に移動しました。

image

↑新竹のBig City。コスプレイベントなんかも開催されます。

新竹はIT関連の工場や企業が集中しているため、
「台湾のシリコンバレー」と呼ばれています。

image

が、今回の目的は新竹都城隍廟です。
ここで、友達と食事をする予定でした。

新竹ではかなり有名な廟で、廟の中ではビーフンや魚団子スープなど
屋台がたくさん並んでいます。

2011年に初めて台湾を訪れた時に出会った劉君と
後輩の男女。うち一人は妹を名乗ってくれてます(どやぁっ)

屋台と共存している廟は珍しく、台湾ではここだけとの事です。

image

屋台の食事。

image

かきあげ的な食べ物。

image

ビーフン!!
ビーフンっすよ!!

image

この先の話の展開によっては、歴史的な一枚。

ここで宋楚瑜氏にお会いしました。

おそらくは、選挙活動の一環だと思うのですが、
握手をし、僕が日本人だと分かると、
日本語で「頑張れ!」と声をかけてくれました。

お前もがんばれ。

image

友達に屋台でミルクティーをご馳走になりました。

カラオケに行って、日が暮れたら、そのまま夜市へ。
僕の友だちは日本語も喋れるので、日本語のカラオケも
一緒に行けるのです。えへん。

image

新竹は小さいながらも活気があります。

image

鳥カツ!

安いのに、すげーでかくてすげー美味しい!!

でも、この鳥カツには骨も残ってて、
虫歯だった僕の歯はそれで欠けたのです。

 

まー、それでもこの日僕はゴキゲンで、
めったに飲まないビールを買って飲みましたとさ。

台北の朝ごはん

翌日の事になります。

台湾には何人か妹分がいるのですが、そのうちの一人、
はなちゃん(仮名)が台北の朝ごはん屋さんの家で、台北に来たら
朝ごはんご馳走するよといわれていたのでノコノコと訪ねました。

公館駅にほど近い場所にあるはなちゃんの家に向かいます。

そして、おもてなし。

image

↑ミルクティー
台湾のミルクティーは甘くて冷たくて優しい味がします。

image

ハンバーガー!
台湾のマヨネーズは甘くて美味しいです。
日本のそれとはかなり違うので、機会があればお試しください。

image

クレープみたいな生地の中に卵が入っています。

image

メニューはこんな感じ。
どれも安くて美味しそうです。

日本でも気軽に食べられる朝ごはんの店があればいいなー。

 

はなちゃん家の営業時間が終わってから、
お茶を飲みにいこうという話になりました。

image

ここは、台湾の人気ロックバンド、五月天(Mayday)の
リーダー:阿信がオーナーのカフェ。

ちょっとお高いですが、雰囲気はすごく良いです。

image

壁にかかったポスター。
アラレちゃんが中心なんですね。

 

カフェでの支払いまでも彼女が出そうとしたので、
さすがにそれは固辞しました。

が、

台湾人はおもてなしを大切にする民族です。
他の国で外国人を見て話しかけてくる人は残念ながら、
そのほとんどは下心アリアリの人だったりしますが、
台湾ではそのほとんどが純粋な善意だったりします。

その昔、初めての台湾旅行の際に新幹線に乗った時、
楽しみにしてた駅弁を買えずしょんぼりしてたら、
売り子のお姉さんがお菓子を差し入れてくれました。

他にもエピソードはありますが、たくさんありすぎて上げきれません。

受けるばかりの僕は、思い出すたびに、ただただ感謝するばかりです。

 

 

【おまけ】

image

↑やっぱりMARVELが好きなんですね。

三創生活園区

そう、あれは日曜の午後。

台北の日本語教会で礼拝の後、最近ASCIIで記事を書いている
学生(日本人)と出かけました。

目的は台湾の秋葉原、光華商場の隣にできた三創生活園区です。

参考→台湾版ラジ館? 光華商場にできた新館に行ってみた!
(ASCIIのサイトの記事になります)

image

光華商場では、htcのDESIRE PARTYをやっていました。

DISIREシリーズの”DESIRE”は”物欲”の事だと信じてる。

image

スペースでは、ライブをやっていました。
スタンプを押してもらって入場(無料)

image

うむ。中国語はさっぱり分からん。

original_url: android-assets-library://asset?file=file%3A%2F%2F%2Fstorage%2Femulated%2F0%2FDCIM%2FCamera%2F20150920_174306.jpg&time=1442742186364&id=4508

FoxconnのスマホブランドInfocusのスマホ。
中身はAndroidですが、あれれ?

original_url: android-assets-library://asset?file=file%3A%2F%2F%2Fstorage%2Femulated%2F0%2FDCIM%2FCamera%2F20150920_174348.jpg&time=1442742228272&id=4512

そっくりです。
僕のiPhoneはただの6なので6 Plusとかだともっとそっくりなはず。

image

↑おもちゃ売り場もあります。
台北101がnano blockでできてました。

image

ガーリック味のパン。

 

image

その後は、他の友達と合流して夜市へ。

image

でんぷん質のもちもちした饅頭の中に肉の餡が入ってます。

image

魚肉ミートボール。練り物ですな。

image

味噌田楽的な何か。

[tegaki]結局満たされたのは食欲だけ。[/tegaki]

だけど、充実した一日でした。

そして台北へ

翌日、再び台北に戻ることにしました。
だって、友達が待ってるから。

_人人人人人人人人人人人人人人人人_
> だって、友達が待ってるから。 <
 ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y ̄

ふ、まるでリア充のようだZE!!

IMG_2264.JPG

台湾の友達は良い奴ばっかりです。

2013年の旧正月のFFで劉君を通して知り合ったってのが、
そもそもなんですが、つまりは、まー全員レイヤーさんで
言うなれば、ヲタは国境を超えるという話ですね。

IMG_2263.JPG

カラオケ→イタリアンで食事、という流れだったんですが、
全員集合した時に聞かされたのは、仕事の都合やなんかで
ほとんどのメンバーは台北に居ながらも一年くらい
会ってなかったそうです。

で、わざわざ僕に会いにみんな集まってくれた、と。
ホロリ。

食事の後、台北の街をぶらつきながら、なんとなく皆
別れがたくなって、コンビニでお酒を買って道端で飲みました。

まるで十代のようだ!
あ、十代はお酒飲めないか。

IMG_2268.JPG

↑この旅、一番のお気に入り。

今にも加藤登紀子が「時には昔の話を」を歌い出しそうじゃないですか!

夜も更けて、さよならを言う時。
僕たちは「またね(再見)」と言葉を交わしました。

 

おまけ。

IMG_2261.JPG

↑台北は至る所にマーベルコミックのヒーローが立っています。

 

台中の夜

あけましておめでとうございます。

とても正気の沙汰ではないほどの放置後、
なんとなく2015年9月の旅の続きを書いていきたいと思います。

さて、台中は高美湿地に日が沈んだ後から時は動きます。

高美湿地から台中まで戻ろうとすると、とてもじゃないけど
バス1台には入りきらんだろうなという人数の人がバス停で
待ってました。

ので、道連れの皆様(台中のバス停で知り合ったおじさんと
清水のバス停で知り合ったカップル)で折半してタクシーを
使う事を決意。1,000元(≒3700円)を四人でわりました。

IMG_2253.JPG↑台中の夜の町並み

台中の駅で、このまま台北へ向かうというカップルと別れ、
おじさんと二人、夕飯に向かいます。

image

↑まず、麺!
30元くらいで薄味のラーメンです。
関西人はきっと好き。

でも、これだけでは物足りなかったので、台中駅すぐ近くの
夜市に行ってみることにしました。

image

↑物足りないので、小籠包。
7つ入りで40元くらいだったかな?

でも、これってどう見ても小籠包じゃないですよねぇ。
小さな肉まんって感じ。

image

↑串焼き!
「スパイシー?」って利かれたので「Yes!!」って答えたら、
やたら辛くなって食べるのに苦労しました。美味しかったけど。

あ、そういえばここの店員さんに「あんたアメリカ人?」って
聞かれて笑いました。

IMG_2258.JPG

↑おでんに焼きそばに寿司という節操のない屋台。

IMG_2257.JPG

↑たぶん、鶏のステーキ的なの。

全ての商品に「悪魔」が付く聖飢魔II感ハンパない屋台。
俺の厨二心をくすぐるぜ! ※買いませんでした。

お腹が膨れた僕は、この日、宿に戻ってそのまま寝ました。

あるはずのない海

明けて翌日。
この日は台北駅付近の安宿からスタート。

午前10時40分頃台北駅のバス停(Q-Square側)で台中行きの
バスチケットを購入。220元(約814円)也。

台湾には新幹線が通っているので、台北駅ならそっちで行く人も
多いと思うのですが、新幹線の所要時間1時間半にくらべ、
バスは2時間半。

そんなに変わらないのに、料金はかなり変わってくるので、
バスで行った方が良いよ、という玲ちゃんの意見に乗った結果です。

午後1時過ぎに台中駅着。
ホテルにチェックインし、手持ちのSIMフリー機に
7日間700元のLTE使い放題のSIMを入れ、その辺の食堂で
叉焼定職(75元)を食べたらもう午後15時ごろになっていました。

そして、高美湿地へと出発。
もちろん、バスで。

台中のバス停で、一人。
清水のバス停で二人(カップル)と道連れになり、
高美湿地を目指します。

 

そして、

これが高美湿地です。

遠くまで広がる遠浅の海。

風が強いので、風力発電が大活躍。

沈み行く太陽。
誰も居ないように見えるけど。

実際は人がわんさか。  

東京でも、大阪でも台北でも見ることのない地平線。

日が暮れるまで、我々はその美しさに見惚れていました。

台湾に行ってきたよ

えぇ、行ってきましたとも、台湾。
現在、絶賛逆ホームシック中です。

2011年の旅を書いておりましたが、もう、ぶっちゃけ覚えてないんで、さらっと流します。ていうか、非公開にしました。
どーせ、誰もみてないだろーし。

で、2015/9/17 – 24の間に行ってきましたので、ちまちま書いていきますよ。

約一年ぶりに、再び台湾です。

 

↑台北駅
台湾に行くのは、友達が居るから。
なので、自然と友達の多い台北に滞在することが多くなります。

台北の友達はみんな、社会人だから平日は会社もあるし、
そんなに暇じゃ無いしで、会うのは大体土日になります。

それでは、という事で、調べたところ、トルコで見たあの光景に似た景色を、台中で見られる事が分かりました。

さて、ここからが本題。

2015/09/17 17:30
大阪で仕事を一時間だけ早退させてもらい、
関西国際空港に向かいます。

天下茶屋で南海電鉄に乗り換えて特急に乗り込むと、
551の豚まんの匂いが漂ってきました。

21:00のフライトだったので、19:00にはチェックインしておきたい。
空港に着き、トランスアジアのカウンターで荷物を預け、
ローソンでヘアワックスを買い求め、いざゲートへ。

で。

俺の飛行機はいつだって遅延するんだ・・・。

結局、桃園国際空港に着いたのは、もう少しで日付が変わりそうな
時刻でした。

一旦、バスで台北まで出てそこから取っておいた、寝るだけの宿に入り
寝る準備を整えた頃には午前2時を回っていました。

つづくー。

 

5month After…

日本に帰って来てから、約5ヶ月。

私は、新たにさくらインターネットという会社に入社し、
ついこの間、初のお給料をいただきました。

そして、昨日4/21に誕生日を迎え、また一つ歳をとりました。
もう、名実共におっさんですな。

さて、そろそろ放置していたこの旅の記録もどうしようかなーと
思って居たんですが、思いのほかまだアクセスがあるらしく、
そりゃ、サーバークラック目的の接続もあると思いますが、
とりあえずは、まだちょっと更新してみようかという気にもなりました。

そういえば、まだRose of Sharon名義で出すはずの曲も
公開していませんし。

というわけで、もうちょっとだけ続けてみようと思います。